妊活で必要な栄養成分

最近は様々な健康食品・サプリメントが出ていますが、妊活のためのサプリも多くなっています。
妊娠をする時は、サプリメントでしっかりと栄養補給行うことが大切です。

妊娠のために妊活サプリを摂取する人が増えていますが、男性、女性、それぞれ必要とされる栄養分が異なります。
通販などで販売されているサプリメントには様々な種類がありますので、必要な成分が入った製品を選択するようにしましょう。

妊活時に女性が必要とする栄養成分「葉酸」
妊娠するため、また妊娠した後の胎児の成長を健全にものにするためには、多くの栄養分を補給する必要があります。
この場合、男女それぞれで妊活の時に必要とされる栄養分が異なりますので、自分に合ったサプリメントを摂取することが大切です。
まず、女性が必要な栄養成分を紹介します。
最初に葉酸で、この成分は必須栄養分の一つとされています。
葉酸はビタミンB群に分類される成分であり、血液生成の他にタンパク質やDNAの合成に大きく関わっています。
特に女性は、妊活した時に多くの葉酸摂取が必要とされています。
また、妊娠した時は胎児の健康状態にも注意する必要があります。
たとえば、胎児の神経管は妊娠初期に形成されますが、この神経管形成に葉酸が大きな影響を及ぼします。
この段階で栄養成分が不足してしまうと、神経管閉鎖障害などのリスクが高まる可能性があります。
経管閉鎖障害が発症すると、運動障害、奇形、麻痺といった、先天性疾患が現れることもありますので十分注意する必要があります。
葉酸は、妊活から妊娠中にかけてとても大切な栄養分と言えます。

妊活時に女性が必要とする栄養成分「ビタミンB12・鉄」
妊娠した時に必要になる栄養成分としては、このビタミンB12も重要です。
ビタミンB12も妊活時の必須栄養分の一つとされており、葉酸と一緒に血液生成に大きく関わっています。
その他にも、タンパク質、アミノ酸、DNAなどの成分合成の作用も持っています。
また、鉄も必須栄養素の一つとされています。
鉄は血液中に含まれているヘモグロビン生成に必要な栄養成分であり、体全体に酸素を送り出す働きがあります。
この栄養成分が不足すると貧血を起こしたり体が冷えたりするなど、妊活にも大きな影響を及ぼしてしまう恐れがあります。
そのため妊娠した時は、葉酸、ビタミンB12と同じように、鉄分の摂取も忘れないようにしてください。

妊活時に男性が必要とする栄養成分「大豆イソフラボン」
妊娠した時に必要とする成分としては、大豆イソフラボンも挙げられます。
大豆イソフラボンというのは、大豆、豆腐、味噌などに含まれているフラボノイドの一種になります。
葉酸、ビタミンB12、鉄のような必須栄養素ではありませんが、体の中では女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。
そのため大豆イソフラボンを摂取することで、ホルモンバランスの乱れを回避できます。

妊活時に男性が必要とする栄養成分「亜鉛」
次に、妊活時に男性が必要とする栄養成分を紹介します。
まず亜鉛で、亜鉛というのはタンパク質やDNA合成のために必要となる栄養分です。
また、精子生成にも必要不可欠な成分であり、この成分が不足してしまうと、精子数の減少や運動能力の低下を招いてしまいます。
精子が弱まると受精しにくくなり、妊娠にも大きな影響を与えてしまいます。
そのため、妊活中の男性は積極的に亜鉛を摂取することが大切です。
もちろん女性にも大切な栄養成分ですので、夫婦2人で気を付けながら摂取するといいでしょう。

妊活時に男性が必要になる栄養成分「アルギニン」
妊活時に男性が必要とする栄養成分としては、アルギニンもあります。
アルギニンはアミノ酸の一種で、非必須アミノ酸に分類されます。
また体内でも生成できる成分として知られており、精子の質や量の向上、男性機能の向上化に大きな影響を及ぼしています。
アルギニンは魚介類、豚肉、鶏肉などの動物性食品に多く含まれていますので、妊活時は食品や妊娠サプリなど、積極的摂取を心がけるようにしましょう。